男性必見!薄毛になる11の原因はこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
男性必見!薄毛になる11の原因はこれだ!

「昔よりも生え際が薄くなっている」
「つむじが薄くなってきた気がする」
「前髪のボリュームが少なくなった」

男性にとって薄毛は天敵。放置しておけばどんどん生え際は後退し、頭頂部が薄くなってしまいます。予防・改善をするためにも、まずは薄毛の原因を理解することが大切です。ここでは、男性の薄毛の原因を余すところなく解説します。

薄毛の原因を知る前に、あなたの症状を理解しよう

薄毛の原因を知る前に、あなたの症状を理解しようひとくちに「薄毛」といっても、様々な種類や症状があります。

症状別に大きく分けると2つの種類があり、それぞれは成長期にもかかわらず髪が抜けてしまう「成長期脱毛」と、髪の毛が休止期に入って脱毛する「休止期脱毛」です。

男性がなりやすい薄毛の原因はAGA

「休止期脱毛」の代表例であり、日本で1200万人以上の男性が発症しているのがAGA(男性型脱毛症)です。次のような症状が見られたときはAGAの前兆が現れていると思って注意してください。

  • 朝起きたときに枕にたくさんの抜け毛がある
  • 額の生え際が徐々に広がっているように感じる
  • 分け目が広がり地肌が目立つ
  • 一日の抜け毛が200本以上になる
  • 抜け毛がどれも細い

早い人だと20代前半から髪の毛に症状が現れます。そのままにしておくと十分に髪の毛が育たないままどんどん抜け落ちてしまい、年を重ねるごとに薄毛が目立つようになります。

AGA(男性型脱毛症)以外の主な薄毛の原因

薄毛に悩む男性の多くに当てはまる症状は上述した通りAGAですが、それ以外にもさまざまな脱毛症が存在します。主なものは以下のとおりです。

AGA(男性型脱毛症)以外の主な症状

  • 円形脱毛症:「十円ハゲ」といった円形ないし楕円形にハゲている部分(脱毛斑)ができる
  • 代謝異常性脱毛症:抜け落ちた毛髪の毛根部分が歪んだりぐるぐる巻いたりする特徴がある
  • 神経性脱毛症:脱毛の部位とそうでない部位の境界線がはっきりせず、複雑な形状になることが多い。ストレス過多などの精神的な部分による影響が原因
  • 圧迫性脱毛症:帽子やヘルメットなどの長時間の着用が原因で起こる脱毛症。前頭部や頭頂部の抜け毛を引き起こす
  • 牽引性脱毛症:髪の毛を長時間きつく縛ったり束ねたりすることにより、髪の毛が引っ張られて頭皮に過度な負荷がかかることが原因
  • 粃糠性脱毛症:シャンプーや整髪料が合わなかったり、すすぎが不十分のために毛穴の出口を塞ぎ、細胞に栄養が届かず髪の毛が抜けていきます
  • 脂漏性脱毛症:過剰に分泌された皮脂が毛穴をふさいでしまうことにより、ダニや細菌が繁殖して頭皮に炎症や化膿を起こして抜け毛になる脱毛症
  • 薬剤性脱毛症:摂取した薬の副作用により正常なヘアサイクルを阻害して髪の毛が抜ける脱毛症

上述した抜け毛・薄毛の症状がある場合、まずは薄毛の原因を解消することが先決です。薄毛は原因さえ理解すれば症状が改善されやすいのが特徴なのです。

男性が薄毛になる11の原因

男性が薄毛になる11の原因つづいては、男性の薄毛の原因について解説します。

多くの場合、薄毛は複合的な要因により引き起こされます。そのため、どれかひとつだけ取り上げて改善を図ったとしても、他の薄毛の原因への対処ができていないと効果を実感できない可能性が高いといえます。

抜け毛を予防・改善するためにも、11項目に目を通しておき、ふとした時に意識できるようにしておいてくださいね。

(1)ストレス・心労

ストレスはAGAの原因のひとつ。仕事や家庭のこと、職場の人間関係など、現代はストレス社会といわれるほど、皆、日々の生活においてストレスを抱えています。

過度のストレスがかかると自律神経に大きな支障を与え、緊張から血管を収縮させてしまいます。その結果、頭皮に十分な血液が行きわたらなくなり、血中に含まれる発毛に必要な栄養素が髪の毛の毛根に運ばれず、成長を妨げて薄毛や抜け毛の原因になってしまうのです。

また、ストレスが原因で自律神経が乱れると、内蔵機能の低下をまねきます。髪の毛を形成する主な栄養素はタンパク質(ケラチン)なのですが、内蔵機能の低下によりタンパク質の吸収が十分におこなわれず、太くてハリのある髪の毛に成長することを阻害してしまいます。

ストレス過多で悩んでいる人は、ストレスが髪の毛に引き起こす悪影響と対策を記した「AGAとストレスの関係とは?薄毛の原因と対策を徹底解説」をご覧ください。

(2)食生活の乱れ

外食が多い人、食べ物の好き嫌いが激しい人は要注意です。脂肪分や動物性タンパク質が多い食事は頭皮から皮脂が過剰に分泌され、毛穴を詰まらせる原因になります。また、肥満は血流が悪くなり発毛に必要な栄養が行き届かない原因に。

糖分の多い食べ物、刺激の強いもの、偏食による栄養不足や食べ過ぎによる内蔵の酷使など、どれもアウトです。栄養バランスのいい食事を摂ることが、薄毛を予防するうえで必要なことなのです。

薄毛改善に効果のある食べ物は「AGAに効果のある食べ物・更に悪化させる食事まとめ」で詳しく解説しています。

(3)不規則な生活習慣

人間の体は、毎日適切に睡眠をとることによって疲労を回復しています。睡眠不足になると、疲れが取れず、体の機能も低下していきます。髪の毛は生命に関係する度合いが低いことから、栄養素を送り込む優先順位は低く設定されています。

つまり、頭皮への栄養は後回しとなり、先に臓器など、生命を維持していくうえで重要なほうに送られるのです。規則正しい生活習慣を心がけて、午後10時以降は睡眠をしっかり取る、8時間の睡眠時間を確保しましょう。

(4)男性ホルモン

薄毛の原因として大きな要因とされているのが男性ホルモンです。

男性ホルモンの一種である「テストステロン」が、還元酵素である「5αリダクターゼ」と結びつくことにより、脱毛ホルモンといわれる「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されます。

DHTの影響によりヘアサイクルが乱れ、髪の成長期が早く終了してしまい、前頭部や頭頂部が薄くなってしまうのです。

さらに、5αリダクターゼによって多くなった皮脂は細菌などの影響で脂肪酸に変化し、脂肪酸は紫外線の影響を受けて過酸化脂質をつくり、抜け毛の原因であるフケになるのです。

(5)喫煙・タバコ

タバコももちろん薄毛の原因です。喫煙によって血管が収縮し、血行不良になってしまいます。

頭皮の血行も悪くなることから、髪の毛に十分な栄養や酸素が行きわたらず薄毛の原因になってしまうのです。

タバコが薄毛に与える影響は5つありますが、その内容と対策については「AGAはタバコで悪化する!喫煙が薄毛を進行させる5つの理由」をご覧ください。

(6)シャンプーのしすぎ

「薄毛は毛穴の皮脂が原因」。テレビや雑誌などの影響により、皮脂を落とすことが薄毛予防になると信じる人は少なくありません。その結果、洗髪するときに頭皮マッサージを過度におこなったり、シャンプーの一度の分量を増やしたりしがちですが、これらは逆効果です。

皮脂は過剰に落とし過ぎると身体は「乾いている」と判断して、一層皮脂を分泌します。薄毛に悩んでいるからといって朝晩、念入りに洗髪する必要はありません。頭皮の環境を良好に保つためにも毎晩、適量のシャンプーを使って程よいマッサージをすれば十分なのです。

(7)不適切なヘアケア・体質に合わない整髪剤

自分の体質に合う整髪剤を使用しないと、抜け毛や薄毛を引き起こす恐れがあります。

育毛のためと使用しているシャンプーやヘアケア剤が、実は頭皮にも髪にも大きな負担を強いてしまい、痒みや炎症・かぶれの原因となり、更なる抜け毛を招いてしまうため要注意です。

(8)遺伝

遺伝が原因で薄毛になる人は全体の20~30%程度だといわれています。ただし、薄毛にはさまざまな要素が関係することから、薄毛になる遺伝を受け継いだとしても必ずしもハゲるとは限りません。

ただし、脱毛ホルモンといわれる「ジヒドロテストステロン(DHT)」を生成する「5αリダクターゼ」という還元酵素の遺伝は父・母のどちらからも受け継ぎますし、母方の祖父が薄毛だと、あなたにも引き継がれている可能性が高い薄毛遺伝子も存在します。

親や親族の頭が薄毛になっており将来が心配な人は「AGAは遺伝する!父・母からハゲ遺伝子を受け継ぐ仕組みとは」を確認しておきましょう。

(9)過度なダイエット

健康的に運動して、脂肪を燃焼して痩せるダイエット法ならまだしも、極端な食事制限によるダイエットは薄毛の原因になってしまいます。

摂取カロリーを減らすことを第一に考えて偏った食事にすると、発毛に必要な栄養分が毛根まで行き届かなくなってしまいます。

また、食事制限により精神的なストレスを蓄積したり、運動不足による血行不良になったりと抜け毛の原因になるのです。

(10)運動不足

運動不足も薄毛の原因です。

人間は運動することで新陳代謝が盛んになり、血行が促進されます。ですが動かさないと血行が悪くなって、毛根に十分な栄養が行きわたらなくなってしまうのです。

頭皮は栄養を取り込む優先順位が低いと体が判断しているため、運動不足により血流が悪くなると薄毛の原因になってしまいます。

(11)お酒の飲み過ぎ

適度な飲酒はストレスの解消につながり、頭皮の血行もよくなることから体や髪の毛に悪影響を与えることはありません。ですがお酒の飲み過ぎは薄毛の原因になってしまいます。

摂取したアルコールは肝臓で分解されるのですが、このとき、毒性の「アセトアルデヒド」を生成します。このアセトアルデヒドを分解する過程で、発毛にかかわるタンパク質やビタミンB・亜鉛などの栄養素がある大量のアミノ酸が消費され、髪に必要な栄養が奪われてしまうのです。

【悩みレベル別】薄毛の原因への対処法

上述したように薄毛の原因は11項目もあります。また、薄毛は複合的な要因で進行することから、今の生活習慣を多少改めても、期待した通りの効果が現れる保証はありません。

そこで、あなたが悩みを抱える度合い別に、今から始めるべき薄毛対策についてご紹介しておきます。

STEP1.薄毛予防を始めたい人は「規則正しい生活習慣と食生活」

これまで薄毛や抜け毛の予防対策をしたことがない人は、まずは規則正しい生活習慣に改善することをおススメします。日常生活のなかで、以下のポイントを心がけましょう。

←下表はスマホだと左右にスクロールできます→

ストレス ストレスを溜め込まず、発散できる方法を見つける
食生活の乱れ 栄養バランスに気を使い、外食は控える
不規則な生活習慣 睡眠時間を十分に確保する、夜更かしはしない
喫煙 タバコは百害あって一利なし、禁煙しよう
シャンプーのしすぎ 一日に一度の使用に留め、適度に洗髪する
不適切なヘアケア 過度な頭皮マッサージや体質に合わない成分は避ける
過度なダイエット 食事制限によるダイエットはしない
運動不足 適度に体を動かして血行を促進する
お酒の飲み過ぎ 三杯以上のアルコール飲料は控える

まずはこれらを実践し、体内環境を整えて頭皮や毛根への影響をおさえることが大切です。

STEP2.薄毛予備軍の心配がある人は「人気の育毛剤」を使ってみる

前頭部や頭頂部が薄くなってきたと心配な男性諸君には育毛剤がオススメです。毎日決められた分量を使用することにより、手軽に薄毛予防ができます。ですが育毛剤にはたくさん種類があり、それぞれに含まれる成分や金額もさまざま。どれを選べば良いのか迷ってしまう人も少なくありません。

当サイトがオススメするのは頭皮環境を整える成分が豊富に含まれた育毛剤CHAP UP(チャップアップ)』。オススメする理由は3つあります。

オススメする理由(1)最も売れている人気の育毛剤

チャップアップは、40代の使用率が40%と最も高いのですが、10代は4%、20代は20%、30代は27%と若い世代の利用者がどんどん増えており、最も売れた育毛剤ランキングでも堂々の1位に輝きました。

現在では「顧客満足度1位」「おすすめ育毛剤1位」「薄毛にならないために最も期待できる育毛剤1位」を獲得し、育毛剤3冠を受賞しています。

オススメする理由(2)育毛を促進する成分が豊富

育毛に特化した成分を自社監修の下、独自に配合しています。主な効果・効能は以下の4点です。

効果・効能 成分
頭皮環境を整え、育毛を助ける センブリエキス・オドリコソウエキス
サクラ葉抽出液など17種類配合
血行を良くして毛根に栄養を行き渡らせる センブリエキス・海藻エキス・クロレラエキス
ニンニクエキス・アルニカエキスなど20種類配合
皮脂の過剰分泌を抑制 ダイズエキス・ドクダミエキス・オドリコソウ
エキスなど3種類配合
AGAを引き起こす原因であり、
脱毛ホルモンと呼ばれるDHTの生成を抑制する
オウゴンエキス・チョウジエキス・ヒオウギ抽出液
ビワ葉エキス・ボタンエキスなど8種類配合

日本臨床医学発毛協会の会長である松山淳医師も、チャップアップの成分に含まれるセブリエキスの育毛・養毛効果があることを認めています。

オススメする理由(3)満足できなかったときの返金保証もある

チャップアップは使用者が満足できなかった場合、商品代金を返金してくれます。他社の育毛剤でも返金制度を謳っているものもありますが、チャップアップのすごいところは、期限なしの永久保証というところ。育毛に自信があるからこそできる制度です。購入時に保証書も発行されるため、初めての人でも安心して使用できます。

薄毛の進行を防ぎたい人、抜け毛予防の対策に効果が期待できる育毛剤を使いたい人は、是非試してみてくださいね。

STEP3.薄毛の悩みが深刻な人は「病院での無料カウンセリング」

周囲の目が気になる、どんな薄毛改善策も効果がなかった、将来が不安…、そんな方々は薄毛に対する精神的なストレスをどんどん蓄積しており、悪循環に陥っています。

もっとも大切であり重要なのは、まずは薄毛に対する疑問や原因を解消して、治療の方法を見つけること。

現在、日本皮膚科学会では「男性型脱毛症の診療ガイドライン」を発表しており、臨床データや研究論文などから発毛に関する治療方法の有効性が分析されています。そのなかで男性の薄毛の原因の多くを占めるAGAは、科学的根拠に基づく治療が病院で行えるようになっているのです。

対策を講じるためにも、まずはあなたの頭皮や毛根の状態を医療機関で見てもらうことが大切です。薄毛治療の専門医師のアドバイスを受けてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。