【悲報】AGAは遺伝する!父・母からハゲ遺伝子を受け継ぐ仕組みとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

父親や親戚で薄毛の人を見ると「自分も将来ハゲてしまうのでは…」と不安になりますよね。残念ながら、その心配はかなりの確率で当たっています。

「ハゲや薄毛は遺伝する」と言われていますが、親族の誰がハゲているかによって、あなたが将来的にハゲてしまう可能性は高まるのです。

本ページでは、ハゲの遺伝子が受け継がれる家系図の見方や遺伝のメカニズムについて詳しく解説します。薄毛の原因が遺伝によるものかを確かめる方法もご紹介するので参考にしてくださいね。

AGAは遺伝する

結論からお伝えすると、ハゲや薄毛は遺伝します。父親や母親の親戚筋がハゲや薄毛の家系である場合、自分もそうなる可能性があると思って間違いありません。

とはいっても、薄毛そのものが遺伝するわけではありません。正確には、AGA(男性型脱毛症)になりやすい体質が遺伝するのです。

AGAになりやすい体質の人が持つ遺伝子とは

AGAになりやすい体質の人は、AGAを発症する原因物質の性質を遺伝によって親から受け継いでいます。AGAと遺伝の関係をお伝えする前に、まずはAGAが毛髪にどんな悪影響を及ぼすのかについて解説します。

AGAのメカニズム

AGAが原因で薄毛や抜け毛が引き起こされるは、以下のメカニズムによる影響を受けるからです。

男性ホルモンである「テストステロン」が還元酵素の「5αリダクターゼ」と結びつくことによって活性型男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成されます。

脱毛ホルモンとも呼ばれるジヒドロテストステロン(DHT)は、脱毛に作用するホルモンであり、毛根にある「アンドロゲン受容体」と結合することによってヘアサイクルが乱れ、髪の毛が抜け落ちてしまいます。

AGAのメカニズム

DHTは男性の薄毛の原因の9割以上を占めると言われていますが、男性ホルモンが薄毛の原因であるなら、男性は全員ハゲ予備軍ということになってしまいます。ですがハゲになる人もいれば、年齢を重ねても薄毛にならずフサフサの人がいるのも事実。

その2者の最も大きな違いは薄毛になりやすい遺伝子を持っているかどうかです。

AGAを発症する2つの薄毛遺伝子

AGAになりやすい体質の人は、下記2つの遺伝子のどちらか、もしくは両方の遺伝子を親から受け継いでいる可能性があります。

  • 5αリダクターゼの活性が高い遺伝子:脱毛ホルモンを増やしやすい。還元酵素の5αリダクターゼの活性が高いとより多くのジヒドロテストステロン(DHT)を生成するためAGAを発症・進行させる可能性が高くなります。
  • アンドロゲン受容体の感度が高い遺伝子:脱毛ホルモンの影響を受けやすい。アンドロゲン受容体の感度が高いと、ジヒドテストステロンの生成量がたとえ僅かでも抜け毛を引き起こしやすくなってしまいます。

上記したAGAの遺伝は、父親・母親をはじめとした親族のうち、誰から引き継がれるのか次章をご覧ください。

AGAが遺伝する仕組み

結論からお伝えするとAGAの遺伝子は父親からも母親からも遺伝します。ただし、母親から受け継ぐ遺伝子と父・母のどちらからも受け継ぐ遺伝子の2つに分かれます。

薄毛遺伝子 遺伝子を持つ親 遺伝の種類
アンドロゲン受容体の感度が高い遺伝子 母親からのみ遺伝する 隔世遺伝
5αリダクターゼの活性が高い遺伝子 父・母どちらからも遺伝する可能性がある 優性遺伝

母親から引き継ぐ「アンドロゲン受容体の感度が高い遺伝子」のメカニズム

「アンドロゲン受容体の感度が高い遺伝子」は隔世遺伝です。隔世遺伝とは、祖先のAGAになりやすい遺伝子が親の世代を飛ばして子孫に現れる現象のこと。

男性は生まれるとき、母親からX染色体を、父親からY染色体を受け継ぎます。アンドロゲン受容体の感度に関わる遺伝子はX染色体の一部のため、必ず母親から遺伝子を引き継いでいます。

もしも母親の父(祖父)がAGAによって薄毛やハゲの症状が現れていれば、母方の祖父から遺伝子を受け継ぐ可能性があります。

「アンドロゲン受容体の感度が高い遺伝子」が隔世遺伝で受け継がれていく家系図を以下に示します。

AGAの遺伝の仕組み(アンドロゲン受容体の感度が高い遺伝子)

上図の通り、母方の祖父がハゲている場合、孫であるあなたがAGAになりやすい遺伝子を受け継いでいる確率は50%あります。

注意してほしいのは、あなたに男兄弟がいた場合、どちらかがAGAの遺伝を受け継ぎ、もう一方はAGAにならないという訳ではありません。運悪く兄弟どちらもAGAの遺伝を引き継いでいるかもしれませんし、そうではない可能性もあるのです。

父親・母親から引き継ぐ「5αリダクターゼの活性が高い遺伝子」のメカニズム

「5αリダクターゼの活性が高い遺伝子」は優性遺伝です。優性遺伝とは、対立する遺伝子があっても優位な遺伝子の性質が現れること。

5αリダクターゼの活性が高い遺伝子は優性のため、父親か母親のどちらかが5αリダクターゼの活性が高い遺伝子を持っていれば、その子供にも優先的に引き継がれます。

AGAの遺伝の仕組み(5αリダクターゼの活性が高い遺伝子)

5αリダクターゼの優性遺伝は確実に受け継ぐため、父親をはじめとした親族の頭がハゲや薄毛の場合、あなたにもAGAになりやすい遺伝子が引き継がれている確率は高いといえます。

AGAは遺伝子検査でわかる

AGAを遺伝的に発症しやすい体質かどうか可能性を知りたい人は、AGA遺伝子検査で調べることができます。

遺伝子検査は、「アンドロゲン受容体の感度に関わる遺伝子」の遺伝子配列を解析して、AGAの発症傾向を数値で確認できる検査です。

また、AGAの治療薬である「プロペシア」や「フィナステリド」の効果予測もできるため、AGAの原因が遺伝か気になる人や、病院での治療を検討している人はAGAの遺伝子検査を行ってみるのも良いでしょう。

薄毛遺伝子を持っていてもAGAを発症しない人もいる

薄毛やハゲは確かに遺伝します。ところが、AGAになりやすい遺伝子を父や母から受け継いでいても、AGAを必ずしも発症すると決まった訳ではありません。薄毛の遺伝を受け継ぐのはあくまでも「AGAになりやすい体質」なのです。

生活環境や食生活・頭皮の環境など、その他の要因の違いからハゲにならないことも、またその逆にAGAの遺伝がなくとも薄毛になることもあるのです。

薄毛の原因は遺伝以外の可能性もある

遺伝によるAGA発症確率は約70~80%と言われていますが、薄毛は複合的な要因で進行することから、全ての原因が遺伝による影響とは限りません。

あなたが薄毛や抜け毛の予防・改善をしたいと思うのなら、生活習慣についても見直す必要があります。男性ホルモン・遺伝以外の薄毛になる原因は以下の9項目です。

  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • 不規則な生活習慣
  • 喫煙・タバコ
  • シャンプーのしすぎ
  • 不適切なヘアケア
  • 過度なダイエット
  • 運動不足
  • お酒の飲み過ぎ

日常生活のなかで上記項目に心当たりのある人はAGAが遺伝以外の要因でも引き起こる可能性が十分にあります。※より詳しく薄毛になる原因を知りたい人は「男性必見!薄毛になる11の原因はこれだ!」をご覧ください。

身体の環境を悪化させてしまうことは辞める、無理なら頻度を減らすといった努力をし、身体に良いことはどんどん習慣にすることがハゲ予防の基本です。

AGAを本気で改善したい人は病院での早期治療を

本ページではAGAと遺伝の関係について解説しました。

遺伝によるAGAの疑いがある人は、病院やクリニックで専門医師と相談しながら本格的な治療を行うことをおすすめします。ハゲが進行して症状が深刻になればなるほど治療効果が薄れる可能性があります。

また、病院に足を運ぼうか迷っている人は、以下の項目をご覧ください。

  • 母方の祖父がハゲている
  • 父親がハゲもしくは薄毛になっている
  • 職場での人間関係にストレスを感じている
  • 栄養バランスの偏った食生活・外食が多い
  • 平均睡眠時間が6時間未満
  • タバコを吸っている
  • 1日に2回以上シャンプーをしている
  • 不適切なヘアケア
  • 食事制限によるダイエットをしている
  • 有酸素運動など体を動かす習慣がない
  • お酒を毎日飲む

該当項目がある人は将来的にAGAが進行してハゲる可能性があります。

専門病院だとAGA遺伝子検査を受けられるだけでなく、頭皮・毛髪の状態をカウンセリングもしてくれます。専門医師による適切なアドバイスを聞くこともできるので、勇気を振り絞って一歩踏み出してみましょう。

診てもらって良かったと必ず思うはずです。

自分でできるAGA予防対策

AGAによる薄毛やハゲが将来心配だけど、病院通いはちょっと…という方は、育毛剤での薄毛予防から始めてみてはいかがでしょうか。

当サイトおすすめは頭皮環境を整える有効成分が豊富に含まれた育毛剤「CHAP UP(チャップアップ)」。

チャップアップ

チャップアップ』は最も売れた育毛剤ランキングで堂々の1位に輝いており、現在では「顧客満足度1位」「おすすめ育毛剤1位」「薄毛にならないために最も期待できる育毛剤1位」を獲得し、育毛剤3冠を受賞しています。

チャップアップにはAGAの症状を引き起こす「5αリダクターゼ」を抑制する成分が含まれており、脱毛ホルモンの「ジヒドロテストステロン(DHT)」の働きを抑制する効果があります。そのため、薄毛の原因が遺伝の場合は効果が期待できます。

人気の育毛剤でAGAの予防・改善を試してみましょう。

育毛剤「チャップアップ」の公式ページはこちら

さいごに

薄毛やハゲへの対処法がカツラ以外はほとんどなかった15年前と違い、日々進歩していく医療技術によって現在では、患者の症状に合った治療法がたくさんあります。

また、AGA治療ができる病院やクリニックも全国に広がり、ハゲや薄毛の悩みを気軽に相談でき、解消できるようになりました。

つまり、父親や母方の祖父のハゲている頭を見て、「自分もいずれハゲていくんだろうな…」「遺伝だからどうしようもない…」と諦めるしかなかった時代はとっくの昔に終わりを告げているのです。

科学的根拠のある医療の力を使って、薄毛と真正面から向き合うかはあなた次第。当サイトはあなたが髪の毛の悩みを解消して、活力ある日々の生活を取り戻すことを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。